第41回現代医療鍼灸臨床研究会 [鍼灸部門日記]

平成27年4月29日に東京大学 鉄門記念講堂にて、
第41回現代医療鍼灸臨床研究会に参加しましたのでご報告させていただきます。

東京大学 鉄門記念講堂

鍼灸治療が統合医療の中心として全世界で見直されている中、鍼灸師には高度な医学知識、
老年病科、女性科、スポーツ領域、運動器疾患など臨床各領域においての専門性知識、
そしての有用性を実証できる技術・力量をもった鍼灸師が求められています。

現代医療鍼灸臨床研究会は、現代医療の中で鍼灸師が求められる西洋医学的知識と
医療現場での連携を考える会で、疾患や症状に対して鍼灸の適応や有効性について
現代医学的に検討する特徴があります。

明生鍼灸院スタッフも、現代医療と東洋医学をあわせた、
統合医学の中心的役割となれるよう、研究会に参加しています。

今回のテーマは「不妊症に対する鍼灸治療の新たな展開」でした。
ご報告いたします。



共通テーマ:妊娠・出産