俵IVFクリニックの取り組み ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ジネコ 妊活セミナー in静岡 開催のお知らせ [俵IVFクリニックの取り組み]

2016年10月23日 ジネコ 妊活セミナー in静岡


今年も
静岡で妊活セミナーの開催が決定しました。
俵院長が講師として参加しますのでご報告です。


どうすれば妊娠できるの?
どうしたら妊娠しやすい体質になれるの?
どんな治療をしたらいいの?  ....など、


「妊活に興味はあるのに分からないことだらけで、なかなか1歩を踏み出せない」
そんな方へ西洋医学と東洋医学の専門家の立場から、分かりやすくお話しします。



*☆*……………*☆*……………*☆*……………*☆*……………*☆*…………

●日時 2016年10月23日(日)/14:00~16:30 (13:30開場)

・第1部 14:00〜15:00「体にやさしい妊活漢方」
 講師:小島薬局漢方堂 小島晃先生

・第2部 15:15〜16:15「妊娠へ近づくために」
 講師:俵IVFクリニック 院長 俵史子先生

●場所 パルシェ 7階
 〒420-0851 静岡市葵区黒金町49 JR静岡駅直結


*☆*…………*☆*(ジネコHPより引用)*☆*…………*☆*…………*☆*
                       詳細はジネコHP




参加は無料で、未既婚問わずパートナーと一緒でもOK!
2人目以降の妊娠を望む人も参加できます。

定員になり次第、申し込み受付は終了してしまうので早めの申し込みがおすすめです。



会場では、漢方の試飲や簡易的な相談ができるブースの用意もあるそうです。
妊娠に近づくためのヒントが満載のセミナーなので、ぜひご参加ください。




女性のヘルスケアアドバイザー [俵IVFクリニックの取り組み]

昨年から開催されていた「女性のヘルスケアアドバイザー養成プログラム」に
参加していた俵院長が、このたび全5回のカリキュラムを受講し、修了しました。

修了証が届いたので、ご報告です。


「女性のヘルスケアアドバイザー」修了証

このプログラムの目的は、
生涯を通じた女性の包括的なヘルスケアを実践し、
学校や企業での健康教育など積極的に啓発活動を展開できる産婦人科医を養成すること。


1年をかけて、約100名の産婦人科医の皆さんと一緒にヘルスケアについて学んできました。
講義は医療の領域にとどまらず、医療の現場に携わるだけでは得られない経験となりました。


学んだ経験を最大限にいかして、
思春期から更年期に渡る、すべての女性のさまざまな悩みに対して、
不妊治療に携わる医師として良きアドバイザーでいたいと思っています。




ラジオフォーラムしずおかマイトーク [俵IVFクリニックの取り組み]

先日、俵院長がSBSラジオの収録に行ってまいりましたのでご報告させていただきます。

番組は、ラジオフォーラムしずおかマイトークと言う番組で、

内容は…
「経済界やまちづくりなど、静岡県内の様々な分野で活躍する方にお話しをうかがうラジオフォーラムしずおかマイトーク」。番組は静岡経済懇話会、一般社団法人静岡県中部未来懇話会、サンフロント21懇話会、21世紀倶楽部の協力でお送りします。
…と言う内容で継続的に放送されている番組です。

ラジオフィーラムしずおかマイトーク

2016年7月17日 18時15分 ~30分まで放送予定です。
お時間がありましたら、是非ラジオを付けてお聴きください。



第57回日本卵子学会学術集会 [俵IVFクリニックの取り組み]

平成28年5月14日・15日、
新潟コンベンションセンター:朱鷺メッセにて、第57回日本卵子学会学術集会が開催され、
当院の培養士が参加して参りましたので、ご報告させていただきます。

第57回日本卵子学会2016
第57回を迎えた今回は、
「卵子研究から人類の福祉を考える」をテーマに、
「精子・卵子研究から生殖補助医療への新たな展開」、
「映像で見る受精と発生」と題するシンポジウムなどの、胚培養士セッションが行われました。

第57回日本卵子学会:中山培養士

当院からは培養部長の藤田が、
「zona-free卵子由来凍結融解胚盤胞移植にて妊娠成立した一症例」 を発表しました。

第57回日本卵子学会:藤田培養部長






5月25日は「世界甲状腺デー」 [俵IVFクリニックの取り組み]

5月25日は「世界甲状腺デー」です。

甲状腺ホルモンは過剰になったり、不足したりすると、
全身にさまざなな症状が現れます。甲状腺の病気は女性に多く、
女性のライフサイクルとも密接にかかわっており、以下の症状が特徴的です。

□思春期
 思春期前や思春期の女性では月経不順が起こりやすくなります。
□妊娠
 流産が増加したり、胎児の成長に影響を及ぼしたりします。
□出産後
 出産後、育児ノイローゼのような症状が現れることもあります。
□更年期
 更年期障害と似た症状が現れることもあります。


世界甲状腺デー



気になる症状がある方は、医師に相談してください。

当院では、以前より甲状腺機能と妊娠の関係性に注目し、
診療に取り入れています。


世界甲状腺デーとは…
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「世界甲状腺デー」は、世界中の甲状腺患者さんのために、疾患の啓蒙、予防、克服を目的として、
2008年欧州甲状腺学会によって制定されました。日本甲状腺学会では「世界甲状腺デー」に合わせて、
甲状腺疾患の啓発活動を実施します。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



国際人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会 [俵IVFクリニックの取り組み]

平成28年4月上旬、京都にて開催されました、
国際人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会に、
俵院長はじめスタッフが参加して参りましたのでご報告させて頂きます。

当院からは、俵院長と研究員の宗がポスター発表を行いました。

国際人類遺伝学会:俵IVFクリニック

「Development of Family medical tree drawing software for genetic counseling」
宗修平

国際人類遺伝学会:俵IVFクリニック

「An approach of genetic counseling for infertility women of advanced age」
俵史子


ご報告させて頂きます。



Wifi:無線LAN [俵IVFクリニックの取り組み]

当院は、中田より泉町に移転の後、
患者さま向けのWifi:無線LANをご用意しています。

2Fインフォメーションカウンターに、
SSIDとPW(パスワード)が記載されたカードが置いてありますので、
ご確認の上、治療や検査をお待ちの際にご利用ください。


俵IVFクリニック無線LAN ssid-pw

詳しくは、当院HPをご覧ください。
>施設・設備の紹介

無線LANなどの環境整備に力を入れていますが…
何より、当院はお待たせするお時間を最小限度になるよう、
治療の内容や説明にゆとりが持てるように心がけています。


受精卵観察システム [俵IVFクリニックの取り組み]

当院では、先日より受精卵観察システムを導入いたしました。
機器の特徴や効果を、ご報告させて頂きたいと思います。

CCM-iBIS(アステック)

通常、体外受精による受精卵は体内環境と同様に設定された、、
インキュベーター(培養機器)の中で育てますが、受精卵の発育観察の為、
培養機器より出し、培養士が顕微鏡で観察し、評価を行っています。

培養機器の外の環境は、受精卵にとってストレスとなりやすい環境となるため、
当院の培養士は培養器の外に出す時間を限りなく少なくするように作業を行っています。

それに加え、当院の泉町への移転・新築時に、培養室内の温度・湿度コントロール設備を充実させ、
受精卵への影響をさらに少なくする環境となっております。

今回の導入した受精卵観察システムは、
受精卵の発育観察を培養機器より出すことなく連続的に行う事が出来るため、
外界からの胚への影響を最小限度に抑える事ができます。

これにより、受精卵への外界よりのストレスを減らす事で、
妊娠・出産への可能性が高まればと考えております。



常葉大学健康科学部 見学・実習 [俵IVFクリニックの取り組み]

常葉大学健康科学部 健康学部の学生さん3名が、
当院を見学・実習した際の様子が、静岡新聞に掲載されましたので、ご報告させて頂きます。

Future × 俵IVFクリニック × 常葉大学

記事は看護学生さんの見学・実習の様子と、学部長の影山先生と俵院長との対談がメインの記事で、

対談では、看護教育の現状と、当院の現状を掛け合わせながらの対談となりました。
静岡県の人口流失に歯止めが掛からない中、静岡県内で学べる大学と、先端医療に取り組むクリニック。

これから進路を考える学生さんの目にとまればと思います。

>記事本文

ご報告させていただきます。



Origio Japan:SpermSlow workshop [俵IVFクリニックの取り組み]

平成28年3月16日、
ORIGIO Japanさんが主催のSpermSlow workshopに、
当院の培養士が参加して参りましたので、ご報告させて頂きます。

Origio Japan主催:SpermSlow works

ORIGIO Japanさんは、世界最大のART(生殖医療技術)ソリューションメーカーで、
培養液・機器などを不妊治療を専門とするクリニックに提供しています。

今回のワークショップは、
ORIGIO Japanさんが新しい試薬の特徴を紹介するワークショップでした。

Origio Japan主催:SpermSlow works

ご報告させて頂きます。



前の10件 | 次の10件 俵IVFクリニックの取り組み ブログトップ