俵IVFクリニックの取り組み ブログトップ
前の10件 | -

European Society of Human Reproduction and Embryology [俵IVFクリニックの取り組み]

平成29年7月3~5日、European Society of Human Reproduction and Embryology(ヨーロッパ生殖医学会)に参加して参りましたのでご報告させていただきます。

2017.0703. (3).JPG

当院よりは、
・Easy-to-use software interface for family medical tree construction : 植田健介
・The Effect of Oil and Water-Soluble Contrast Medium in Hysterosalpingography on Thyroid Function:宗修平
・Near-infrared spectroscopy assessment of testicular tissue oxygen saturation in healthy controls and male infertility:金山尚裕教授

以上の3演題が採択され、Easy-to-use software interface for family medical tree constructionについては、口頭での発表の機会をいただくことができました。

2017.0703. (2).JPG


患者さんに還元できるよう最新の知識も鋭意に入手してまいりました。
生殖医療の進化の流れはとても早いため、時流に遅れないよう研鑽を積んでまいりたいと考えていおります。

2017.0703.JPG





共通テーマ:妊娠・出産

がん治療、生殖医療連携を 子持つ可能性 初の指針 [俵IVFクリニックの取り組み]

日本癌治療学会は13日、若くしてがんになった場合に子を持つ可能性を残す治療方法をまとめた初の指針を正式に発表した。「がん治療が最優先」とした上で、患者にこうした選択肢を知らせる必要性を強調。生殖医療専門医と連携して治療に当たるよう求めている。

 がん患者は、抗がん剤や手術によって子を持てなくなる場合があるが、最近はあらかじめ精子や卵子を凍結保存することで、生殖能力を温存する方法が注目されている。

 指針では、治療で子が持てなくなる恐れがある場合、適切に情報を伝え、患者が希望する場合は、早期に生殖医療の専門医を紹介するよう求めた。


記事本文 こちらから


+++++++++++++ 静岡新聞平成29年7月13日 一部抜粋

当院でも、妊孕性温存外来遺伝カウンセリングにてをにて、
将来妊娠を希望するがん患者さんの可能性を広げるお手伝いをしています。





共通テーマ:妊娠・出産

第69回日本産科婦人科学会学術講演会 [俵IVFクリニックの取り組み]

院長の俵です。
先日、第69回日本産科婦人科学会学術講演会が広島で開催され、全国から7000人を越える産婦人科医が平和都市広島に集結しました。

2017.5.26.JPG

産婦人科領域のメインとなる本学会は、目覚ましい医療の進歩に対応するための研修が多く用意され、また最新の研究成果を発表する場でもあります。全国の産婦人科医に当院での活動を披露できる機会となるため、しっかり準備をして臨みました。

近年本学会は国際化に向け大きくかじ取りが行われ、international sessionの演題数も増加してきております。当院からはinternational sessionでの発表をおこなってまいりました。

また、当院非常勤医師であり浜松医科大学病院講師の田村医師は、学会のメイン企画であるシンポジウムの大変名誉となる演者に抜擢され、研究成果を見事に発表されました。

4月から赴任した村林医師も、今まで周産期分野で研究されてきた「分娩時胎児管理の指針」に関しての発表を行っております。

学会期間中は院長不在となり皆様にご迷惑をおかけしましたが、3日間の学会で多くの新しい知見を得ることができました。早速診療につなげることで、妊娠率の向上と治療の質の向上を目指していきたいと思います。






新入職医師紹介 [俵IVFクリニックの取り組み]

2017年に入り、2名の医師が当院に入職しておりますので、
ご紹介させていただきます。

俵IVFクリニック:宮野奈緒美先生

●宮野奈緒美先生
1月より当院に入職。
静岡厚生病院勤務時代は腹腔鏡や子宮鏡下手術など内視鏡手術に従事。
当院では一般不妊治療に加えて、腫瘍外来(子宮鏡検査)を担当。


俵IVFクリニック:村林奈緒先生

●村林奈緒先生 :生殖周産期医学講座 准教授
4月より当院に入職。
医学博士、周産期専門医。長く三重大学産婦人科での周産期分野での中心として診療、研究、医学教育に携わってきた。合併症をもつ妊産婦やハイリスク分娩の管理などの経験から、より安全な妊娠出産を目指す当院の基本方針に共感し新設 生殖周産期センターのセンター長とし赴任。当院では不妊治療全般と生殖周産期外来を担当。


村林先生、宮野先生の入職により、初診枠・診療枠を拡大しております。
そのため、以前よりも予約が取りやすくなっております。
ご報告させていただきます。

参考:クリニックのご案内
参考:初診の方へ





共通テーマ:妊娠・出産

《院内研修》精神医学講座 [俵IVFクリニックの取り組み]



埼玉医科大学総合医療センター メンタルクリニックより、精神科医の安田貴昭先生をお招きして院内研修を開催しました。



院内研修_ mental health care


今回のテーマは「精神医学」について。

患者さんの精神的な部分に対する基礎知識を、具体的な症例を交えてお話ししていただきました。


院内研修_ mental health care


不妊治療専門クリニックの当院としては、

講座の内容は大変有意義な内容となりました。

日々の診療に活かしていければと考えています。





共通テーマ:妊娠・出産

42歳からはじめる体外受精 [俵IVFクリニックの取り組み]




近年、不妊治療を受ける人が増えたことで、高額になることの多い費用の一部を助成してくれる、
「特定不妊治療助成制度」というものが用意されていることは、ご存知の方も多いはず。

ですが、2016年の4月からこの制度が改正され、年齢制限ができたことはご存知でしたか?

これから不妊治療を始めようと考えている方には、とても残念なできごとです。


年齢制限に近づき、「これから治療をはじめるメリットはないの?」と
不安に思っている方も多いのではないでしょうか?


当院では、そんな不安を抱える方たちと今後の治療について、一緒に考える時間を作ることにしました。

もちろん、当院に通院されていない方でも参加OKです。
不妊治療に興味はあるけれど、最初の1歩を踏み出せないでいる方にも、ぜひ参加してほしいと思っています。
当日は院内の見学や初診の申し込みのご案内も可能です。


………*☆*……………*☆*……………*☆*………


   『42歳からはじめる体外受精』
〜後悔しないために知っておきたい5つのこと〜


161119_1.jpg



● 開催日 2016年12月24日(土)
● 時間  15:00〜16:00
● 対象  42歳以上で体外受精へ進もうと考えている方
     進むべきか悩んでいる方
     ※ ART勉強会参加の有無は問いません
● 場所  当院2F待合ホール

● 参加費 無料
● 定員  20名(定員になり次第受付終了します)


………*☆*……………*☆*……………*☆*………


● 予約について

予約はメールにて受け付けております。
申し込みアドレス ivf@tawara-ivf.jp に、お名前、生年月日、住所、連絡先を入力してご送信ください。

2〜3日中に予約確認完了の返信メールをお送りします。
担当:松浦・福田(生殖医療相談士)


【当院に通院されていない方へ】
当日は院内の見学や初心の申し込みのご案内も可能です。
お気軽にご参加ください。


定員になり次第、受付は終了となります。
ご予約は、お早めにお願いします。



161119_2.jpg







共通テーマ:妊娠・出産

キャリア教育講座「Future しずおか」 [俵IVFクリニックの取り組み]

先日、高校生を対象にしたキャリアアップ講座「Futureしずおか」の職業講話が開かれました。

地元の企業で働く人を講師に迎えて仕事の魅力を学ぶこの企画。
当院からは診療アシスタントの渡邊夏帆が講師としてお話ししてきましたので、ご報告です。


Futureしずおか 渡邊夏帆



とても広い講堂で、たくさんの生徒さんの前での講演...
最初はかなり緊張していた様子。



Futureしずおか 渡邊夏帆


ですが、医療現場でのお仕事のこと、不妊治療のことなど、
これまでの経験も交えて話す彼女の姿は、とても誇らしく見えました。



Futureしずおか 渡邊夏帆


後半には緊張もほぐれてきたよう。
生徒さんからの質問に笑顔で答えていました。


Futureしずおか 渡邊夏帆


少し難しい話や、イメージしづらい内容も多かったと思いますが、
生徒のみなさんも熱心に聞いてくださっていました。

これをきっかけに、医療の現場を志す学生さんが増えてくれたら幸せです。




Futureしずおか 新聞記事






共通テーマ:妊娠・出産

第19回日本IVF学会学術集会 [俵IVFクリニックの取り組み]

平成28年10月1日、2日の2日間、第19回日本IVF学会学術集会が開催され、
研究員と胚培養士2名が参加してまいりましたので、ご報告させていただきます。 

第19回日本IVF学会学術集会

第19回目を迎えた今回は、急速な “ART” に関する科学の進歩と様々な社会の状況の変化を鑑みたうえで、
今後10年に起きる可能性のある変化を、『ART NEXT GENERATION』 と題し、開催されました。

当院からは、
「受精卵および精子の凍結保存更新データベースの運用 ~1年間の運用で見えてきたこと~」 宗修平
「当院において独自開発したシステム運用の効果 ―培養士の視点から― 」 髙木さや香

以上の2演題の発表となりました。

第19回日本IVF学会学術集会

ご報告させていただきます。




共通テーマ:妊娠・出産

日本受精着床学会雑誌 第3回優秀論文賞 受賞 [俵IVFクリニックの取り組み]

日本受精着床学会雑誌 第32巻第2号に掲載された、
当院の副院長の山口医師の論文が、第3回優秀論文賞を受賞しました。
ご報告させていただきます。

日本受精着床学会の「日本受精着床学会雑誌論文賞授与規定」によると…。

この論文賞は、世界体外受精会議記念基金を基に、日本受精着床学会雑誌に掲載された論文中から特に優れたものを顕彰するもので、本学会の発展に資することを目的としています。 

…とあり、大変名誉な賞をいただく事となりました。
これからも、当院は生殖医療領域(不妊治療)で地域の方々や医療関係者のお役に立てるよう、努力して参ります。

第三回 優秀論文賞

受賞演題 「子宮卵管造影検査による甲状腺機能への影響」


第34回受精着床学会 [俵IVFクリニックの取り組み]

平成28年9月15日・16日に、受精着床学会が開催され、
俵院長や培養士・研究員などが参加して参りましたのでご報告させていただきます。

第34回を迎えた今回は、「STOP the 流産」と題して開催され、産や不育症に関連の深いトピックスの第一人者の講演など、年間4万人を越えるART出産数を越え、また出産の高年齢化が進む中で、大変貴重な機会となりました。

第34回受精着床学会

当院からは以下の5演題の発表となりました。
・「妊娠高血圧症候群を発症したART患者の後方視的調査と今後の課題」 俵史子
・「不妊治療患者における甲状腺自己抗体検査の有用性」 宗修平
・「遺伝カウンセリング後ART治療に進まれた男性不妊患者の一例」 望月汐美
・「診察指装着型オキシメーターを用いた鍼灸治療効果に関する研究」 長谷川謙介
・「凍結融解初期胚移植におけるLAH菲薄化の範囲の検討」 石上夕紀子

第34回受精着床学会

ご報告いたします。





共通テーマ:妊娠・出産
前の10件 | - 俵IVFクリニックの取り組み ブログトップ