俵IVFクリニックの日常 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

《院内研修》森育子先生による心と身体を磨くイベント [俵IVFクリニックの日常]

5月26日にI.R.M. アカデミーの森育子先生をお招きし、院内研修を開始しました。


『心と身体を磨くイベント』と題した森先生のレッスンの様子をご紹介します。


第38回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座5


まずはストレッチ。

普段よりリラックスした気持ちになり、自然と笑顔が増えます。


森育子先生 心と身体を磨くイベントLesson4


手足の冷えと体が硬いのが悩みだったのに、始まってすぐに体が温まり、

終わる頃には少し柔らかくなったのを実感できたと話すスタッフも。


森育子先生 心と身体を磨くイベントLesson2


日頃使っていない筋肉や伸びていないところが分かって、運動能力の低下を改めて感じ...( ´ー`)

今後の健康維持のために考え直すいい機会になりました!


森育子先生 心と身体を磨くイベントLesson3

 

森先生の「身体を動かすことが心にも影響する」とのお話しを聞き、

 

運動やストレッチで心身ともにリフレッシュすることで、

緊張しやすい治療が続く患者の皆さまのストレス解消や気分転換にもつながるのではないかと感じました。


今回の院内研修を活かし、

いつも笑顔で接することで、患者の皆さまがリラックスして前向きな気持ちになれるように心掛け、

体質改善の指導にも提案していきたいと思います。


 


楽しく運動できて有意義な時間を過ごせたとスタッフからも大好評だった今回のイベント、

今後、また何か提案して案内ができればと思っています。

 

 

 






共通テーマ:妊娠・出産

ご挨拶2016 [俵IVFクリニックの日常]

2016年…
1月5日より通常通り、診療を開始しております。

2016年年賀状

昨年は「駿河区中田」より、「駿河区泉町」への移転に伴い、
患者の皆様には、大変ご不便とご迷惑をお掛けいたしました。

移転に伴い、当院は培養環境の整備など様々な発展が出来ました。
本年は、患者の皆様へさらに発展の結果を還元出来るよう努力して参ります。

本年も相変わらずよろしくお願いいたします。

俵IVFクリニック忘年会2015 in ホテルアソシア静岡

*写真は...2015年の忘年会の様子です。



共通テーマ:妊娠・出産

Xmas2015 [俵IVFクリニックの日常]

俵IVFクリニックが移転してから、はじめてのクリスマスを迎えます。

例年、スタッフ総出で飾り付けを行います。
 >Xmas2013の様子

ツリーはもちろんのこと、

俵IVFクリニック院内の様子*Xmas2015

院内のあちこちに「トナカイ」がいたりでクリスマス感溢れる院内になっています。

俵IVFクリニック院内の様子*Xmas2015

俵IVFクリニック院内の様子*Xmas2015



ご報告いたします。





共通テーマ:妊娠・出産

All Aboutの取材・掲載 [俵IVFクリニックの日常]

当院の3月の移転直後、
ご縁をいただき、All Aboutさんに取材に来ていただきました。

記事の担当ガイドは、
池上 文尋(いけがみ ふみひろ)さんで、
「日本で最も不妊専門施設を取材しているガイド」として知られています。

8月12日にWeb上に公開されましたので、ご報告させていただきます。

俵IVFクリニック訪問記(静岡市)

All Aboutさん取材・掲載




共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療専門の新クリニック披露 [俵IVFクリニックの日常]

平成27年3月8日(日)、
前日に当院で開催した「内覧会」の様子を、
静岡新聞社さんの取材を受け掲載されました。

不妊治療専門の新クリニック披露(静岡新聞)

移転に際し新規導入したクリーンベンチについて、
藤田培養部長が熱心に説明をしている様子が掲載されています。

ご報告いたします。




共通テーマ:妊娠・出産

KAWAJUNさんのHPで紹介されました。 [俵IVFクリニックの日常]

”KAWAJUN"さんのHP上で当院の内装を掲載していただきました。

カワジュンさんのHPに掲載していただきました

カワジュンとは
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

すべての業務プロセスは「顧客ニーズありき」から。
継ぎ目のない業務プロセスと開かれたコミュニケーションによって
妥協のない高品質な製品作りを行っています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

当院の家具の納入について、"顧客ニーズありき"を充分に発揮していただきました。
ありがとうございました。



共通テーマ:妊娠・出産

しずメディに掲載されました。 [俵IVFクリニックの日常]

就職に役立つ医療情報サイト「しずメディ」に、
当院の診療部長の福田純子助産師が掲載されました。

福田純子助産師 しずメディ取材

福田助産師の仕事に対する姿勢や患者への接遇、
めざす方向などについてお話ししています。

是非ご覧になってみて下さい。

こちらからご覧になれます。
 → 看護師・コメディカルインタビュー 福田純子診療部長

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

俵IVFクリニックでは、看護師さん助産師さんを募集しております。
当院にご興味をお持ち頂いた方は、当院HPの採用情報をご確認の上、
ご連絡下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


共通テーマ:妊娠・出産

岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター [俵IVFクリニックの日常]

岡山大学では近年の少子化や晩婚化などを背景とした、
生殖補助医療技術への社会的ニーズの高まりに応じるため、平成25年11月、
岡山大学生殖補助医療技術教育研究(ART)センターを設置しました。

岡山大学生殖補助医療技術教育研究(ART)センター

当院スタッフで岡山大学出身の胚培養士がARTセンターを訪問し、
見学させていただきましたのでご報告です。

岡山大学ARTセンターは、生殖補助医療技術者(胚培養士)の養成や、
現場で活躍する胚培養士へのリカレント教育、生殖補助医療技術研究を行う事を目的とした教育研究機関で、
リカレント教育は平成24年より始まっております。

岡山大学生殖補助医療技術教育研究(ART)センター

医療と農学系の学問で培われた知識・技術が融合する分野が不妊治療の胚培養分野です。

知識・確かな技術力の向上の為、岡山大学ARTセンターのリカレント教育にも、
積極的に参加して参りたいと考えております。

共通テーマ:妊娠・出産

第35回日本エンドメトリオーシス学会 [俵IVFクリニックの日常]

平成26年1月25日・26日、
鹿児島の城山観光ホテルにて、第35回日本エンドメトリオーシス学会が開催され、
俵院長が参加して参りましたのでご報告させていただきます。

エンドメトリオーシスとは… 以下エンドメトリオーシス学会HPより転載
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
成熟した女性では卵巣から出るホルモンの変化によって毎月、子宮の内面を被う粘膜(子宮内膜)は発育し、妊娠しなければやがて剥がれ落ちて出血とともに月経となって外へ出てきます。この子宮内膜によく似た組織が子宮以外の場所に発育して卵巣ホルモンの働きで症状を起こす疾患をエンドメトリオーシス(子宮内膜症)といいます。月経時には、その部分にも出血を起こします。エンドメトリオーシスの原因はまだよく分かっていませんが、大きく分けて2つの説が推測されています。

 ・月経で剥がれた子宮内膜が卵管を逆流してこれが腹膜に転移、生着するという移植説
 ・骨盤内臓器の表面を被う腹膜が何かの原因で子宮内膜に似た組織に変化(化生)するという化生説

いずれも1つの説だけでエンドメトリオーシス発生の原因の全てを説明できません。

エンドメトリオーシス学会HPより転載

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

原因が多岐にわた「日本エンドメトリオーシス学会」は子宮内膜症の研究や、
診療の中心的な組織としての役割を果たしてきた学会です。

子宮内膜症と不妊症とは、切っても切れない深い関係があると言われています。
日本エンドメトリオーシス学会の「一般・患者様」向けHPはこちらから

静岡厚生病院の中山先生と

写真は、オーラルでの発表を終えた、静岡厚生病院の中山毅先生と

共通テーマ:妊娠・出産

ツボ押し器 [俵IVFクリニックの日常]

先日、北里大学獣医学部 前教授(動物生殖学)、
福田芳詔先生より、頂き物をしました。

一目見た時には、スタッフ ”杖” だと感じたようで、
俵院長も、なぜ ”杖” を頂いたのかと疑問に感じたとの事でした。

福田先生のお手紙に添付された資料を拝見したところ、
福田先生が開発された…”ツボ押し器”であることが解り、

実際に使用してみると、”最高の使い心地”との事でした。(俵院長談)

北里大学獣医学部(動物生殖学)前教授、 福田芳詔先生よりの頂きもの


福田先生、”ツボ押し器”ありがとうございました。

写真は、俵院長と福田先生の北里大学教授時代の教え子である、
平林培養士と志田培養士です。

共通テーマ:妊娠・出産
前の10件 | 次の10件 俵IVFクリニックの日常 ブログトップ