わたしは不妊症かしら? [県・市の取り組み]

日本医師会が発行している、
「健康ぷらざ」No.453で、不妊症について掲載されましたのでご報告させて頂きます。

わたしは不妊症かしら:健康プラザ

記事 わたしは不妊症かしら?
筆者 東京医科大学産婦人科教授 久慈直昭先生


以下記事本文
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

不妊症ってなんだろう?
 赤ちゃんが欲しいと思って普通に生活をしていても、何らかの原因があるため、妊娠ができない状態を不妊症といい、病院での治療が必要です。
 不妊症の原因は、大きく二つに分けられます。一つは、夫婦が赤ちゃんをつくる力のある精子と卵子を持っているが、何らかの原因でこの二つが身体の中では一緒になれない場合です。例えば、精子に赤ちゃんをつくる力はあるけれど数が少なすぎたり、動きが悪かったりする、女性の卵管が左右とも詰まっている場合です。
 もう一つは、精子、卵子のどちらかが、赤ちゃんをつくる力を失っている場合です。

不妊症は治るの?
 不妊症の方が病院で治療して赤ちゃんを授かれるかどうかは、原因によります。
 力のある精子と卵子を持ってる場合、一般的な不妊治療や、時には体外受精などの治療をすることで、ほとんどの方が赤ちゃんを授かることができます。
 一方、精子か卵子のどちらかが力を失っている場合、現在の医学では自分たちの赤ちゃんを授かることはできません。

どんな事に気を付ければいいの?
 健康な人でも、一定の年齢を超えると精子と卵子が赤ちゃんをつくる力を失っていきます。特に女性では、早い人では35歳、遅い人でも45歳くらいでその力がなくなります。
 一方、まだ力を持っている卵子や精子を持っているうちに治療を開始すれば、赤ちゃんを授かる可能性も高くなります。
 したがって、できれば結婚してから早いうちに子どもを持つように計画します。もし子どもを持とうと思って1年、女性の年齢が35歳以上の場合には半年経過しても妊娠しなかったら、かかりつけ医に相談し専門医を受診しましょう。

わたしは不妊症かしら:健康プラザ




共通テーマ:妊娠・出産

寒さに対する予防 - 普段よりの養生 - [鍼灸部門日記]

厳しい寒さが続く一方、
急に暖かい日もあったり…体調は崩されてはいませんか?

寒さに対する予防 - 普段よりの養生 -

東洋医学では病気にかかる前に、
病気にならないように普段から養生することを重要としています。

そこでこの時期にふさわしい過ごし方をご紹介したいと思います。
まずは身体を冷やさない。寒さから身を守ることが大切です。

もし冷えに伴い身体に出る症状とすると、

① 血行不良
② 筋のひきつり、痛み
③ 腹痛、下痢、頻尿、むくみ、腰痛

などの症状が出る事が知られています。

このような症状が発現する前の東洋医学的予防として、

① 薄着、露出を控える。(腹巻きがオススメです!)
② 入浴をしっかりする。(汗と一緒に流れた水分を補給する為にも水分補給はこまめに!)
③ 冷たい物を食べ過ぎない。(お鍋の季節ですね!)
④ 下腹部を撫でる。

お臍の真下から指4本分のとこに「関元」というツボがあります。そこは、体のエネルギーが蓄えられる場所です。撫でるだけでも効果はあるので、暇さえあれば撫でてください!

参考になればと思います。他にもいろいろな面から予防をしてみて下さい。

皆さんも自分なりの冬の過ごし方を見つけて、
体調を崩さないように毎日を楽しく過ごしましょう。




共通テーマ:妊娠・出産

沼津市主催 未来のママCAFE [県・市の取り組み]

平成28年2月7日(日)、

沼津市主催のシンポジウム、未来のママCAFEにて、
俵院長が講演して参りましたので、ご報告させて頂きます。

少子化が進む昨今、
「若い世代を対象に妊娠や出産、子育ての実像を伝える」 事が目的のイベントで、

俵院長は、「女性の体と妊娠適齢期」と題して、講演をしました。

沼津市主催のシンポジウム 未来のママCAFE

シンポジウムでは、
仕事と子育ての両立や出産時の注意点を自身の経験を交えての話し合いとなりました。

沼津市主催のシンポジウム 未来のママCAFE

このイベントの内容は、
2月28日の10時~10時30分の間、SBSラジオにて放送されます。
ご興味がある方はお聴き下さい。


蛯原英里さんBLOG
@S(アットエス)掲載記事
静岡新聞掲載記事




共通テーマ:妊娠・出産

病院の実力 -2014年不妊治療の実績 [俵IVFクリニックの取り組み]

平成28年2月7日、
読売新聞の記事、「病院の実力」に、
「主な医療機関の不妊治療実績」が掲載されました。

不妊治療 夫婦6組に1組

当院の実績も掲載されましたので、
ご報告させて頂きます。

病院の実力2014年実績

病院の実力(静岡編)期間、方法 夫婦で相談を

不妊施設の実績については、
2013年にも、読売新聞が記事にしています。

記事 「主な不妊治療実施施設の2011年実績




共通テーマ:妊娠・出産

伝統医学 `鍼灸` にエビデンスを [俵IVFクリニックの取り組み]

明生鍼灸院では、
医学的根拠のある鍼灸治療の確立を目指しています。

昨年より、駿河区曲金にある、
中央医療健康専門学校 鍼灸学科にご協力いただき、2回に分けて実験を行いました。

中央医療健康専門学校 鍼灸学科での実験

浜松医科大学の金山教授が開発した「トッカーレ」を利用し、
鍼灸治療の医学的根拠を再検討しました。

中央医療健康専門学校 鍼灸学科での実験

ご報告いたします。



タグ:医学 鍼灸

共通テーマ:妊娠・出産

不育症こころとからだのシンポジウム [鍼灸部門日記]

静岡県こども家政課主催で開催されました、
「不育症こころとからだのシンポジウム」
に参加して参りましたので、ご報告させて頂きます。

不育症こころとからだのシンポジウム

このシンポジウムは妊娠・出産・不育症に悩まれている方向けのシンポジウムで、
静岡中部では、平成28 年1月31 日に開催されました。

不育症こころとからだのシンポジウム

第一部の講演は、富士小山病院の牧野恒久による、
「不育症の概要と最新の治療法」のお話でした。
不妊症と不育症の関連について、わかりやすくお話しいただきました。

第二部はパネルディスカッション形式で行われ、
パネラーは牧野先生に加え、不育症経験から当事者支援の団体に入られている棚田さん、
不妊症認定看護師の鴨狩さんの三名によるパネルディスカッションでした。

司会の方も不妊症不育症の治療経験のある方だったので、
症状がわかるまでの経緯や治療の中での心身の変化が詳細に伝わる内容でした。

不育症でお悩みの方は、その悩みを自分の中やご夫婦の中にしまい込んでしまう傾向があるようです。

鍼灸師の立場としてこのようなシンポジウムに参加することで、
「一人で悩まない」事の大切さや、患者さまの心身の状態の移り変わりについて、
理解を深められたように感じます。




共通テーマ:妊娠・出産

第15回 東海不妊内分泌研究会 [俵IVFクリニックの取り組み]

毎年開催される、東海不妊内分泌研究会が15回目を迎え、
俵院長はじめ、培養士・看護師が参加して参りましたのでご報告させて頂きます。

第15回 東海不妊内分泌研究会

講演内容は、

男性不妊領域 性と染色 永井敦先生
婦人科領域 卵巣チョコレート嚢胞 百枝幹雄先生
遺伝領域 ターナー症候群 緒方勤先生

以上の内容で、
不妊各領域に関わる専門知識を深める機会となりました。

第15回 東海不妊内分泌研究会

ご報告させて頂きます。




共通テーマ:妊娠・出産