前の10件 | -

流産を繰り返すのは卵子が老化しているからでしょうか? [”ジネコ”さん掲載記事の紹介]

■ やっぴんさん(41歳)からの投稿

35歳で不妊治療をはじめ、36歳で自然妊娠しましたが、化学的流産に。38歳で転院し、顕微授精3回目・凍結胚移植で一卵性双生児を妊娠するも10週目で流産。その後、再び凍結胚を移植しましたが、また化学的流産でした。医師によると続けての流産は「不育症というより、卵子の老化によるもの」とのこと。流産後は採血もホルモン検査もなく、今の自分の本当の状態がわからないので納得がいきません。このまま同じように治療を続けるか、思いきって転院しようか悩んでいます。

2018.06.17.jpg


俵院長が質問に答えています(URL
この記事は、2010.11.25 当時の記事です。

■ 関連ページ
 俵IVFクリニックHP -メインページ
 俵IVFクリニックHP -Q&Aページ




共通テーマ:妊娠・出産

〈スタッフ研修〉防災訓練 [俵IVFクリニックの取り組み]


6月に入って雨が降ったり真夏日だったり、ジメジメする季節になりました。

暑いのか寒いのかスッキリしない毎日ですが、

通勤途中にある紫陽花がとってもキレイです(*´エ`*)



さてさて。

先日、スタッフ研修として「防災訓練」を実施しました。


定期的に実施していますが、今回は院内で火災が発生した想定で行われました。


まずは火災報知器が鳴った時の対処の仕方と、通報設備の使い方の講習。

院内の火災報知器の位置を確認しながら、

全然知らなかった報知器の使い方を教えていただきました。



火災を通報した後は脱出です。

火災で避難経路が塞がれてしまった場合、

当院には脱出手段としてスローダンが用意されています。


防災訓練


防災訓練


ちょっと怖いですが、無事に避難できました ε-(´∀`*)ホッ


防災訓練


そのあとは、消火器の使い方も教えてもらいました。




火災が発生しても備えは万全ですので、みなさまご安心を!!

災害は起こらないことが何よりですが...(;-ω-)ゞ



梅雨の時期、寒暖差がありますのでお体に気をつけてお過ごしください。


梅雨



共通テーマ:妊娠・出産

女性として妊娠できない自分を責めてしまいます [”ジネコ”さん掲載記事の紹介]

待望の赤ちゃんを授かるために頑張っているけれど、なかなか結果が出ないと悲しいし、苦しい……。不妊治療のつらいところは、ゴールが見えにくいこと。途中で何度も落ち込んで、自分を責めて、「私はなんてダメなんだ。私の体は最低だ」とまで思い詰めてしまう人もいます。夫婦の問題なのに「自分が悪い」「夫に申し訳ない」という気持ちを抱いてしまう人も多いよう。

20180524.jpg

・・・心も体も前向きでいるためには、どんな姿勢や意識で治療に臨んだらいいのでしょうか。私たちと同じ女性である俵史子先生にアドバイスをしていただきました。

俵院長が質問に答えています(URL
この記事は、2010.11.18 当時の記事です。

■ 関連ページ
 俵IVFクリニックHP -メインページ
 俵IVFクリニックHP -Q&Aページ





共通テーマ:妊娠・出産

《院内研修》接遇研修 [俵IVFクリニックの取り組み]



みなさま、ゴールデンウイークは楽しく過ごされましたでしょうか。

 

連休ボケに苦しむ毎日ですが、気づけは新年度がスタートして1カ月が経ちました。


当院では新入職員を中心に若いスタッフを集めて、コンシェルジュによる接遇研修を実施しました。




院内研修_接遇



立ち振る舞いの動作として、
お辞儀の仕方、歩き方、立ち姿、座り姿など、基本的な動作を指導してもらいました。

院内研修_接遇



基本動作や立ち振る舞いは笑顔で対応ができていていたようですが、
今回見つけた問題点は、ずばり姿勢が悪いスタッフが多いこと!

院内研修_接遇



猫背や反り腰のスタッフが多いので、
次回は姿勢についての研修を計画してみようかと考えています。

院内研修_接遇





ゴールデンウィークが終わったと思ったら、もう母の日ですね。


こどもの日は特に何もしてもらってないけど...

お母さんにカーネーションと一緒に「ありがとう」を伝えようと思います!






共通テーマ:妊娠・出産

ゴールデンウィークの診療のご案内 [お知らせ]


吹き抜ける風が肌に心地よく感じられるころとなりました。

夏を思わせるような陽気がつづいておりますが、いかがお過ごしでしょうか。



明日は昭和の日。

いよいよゴールデンウィークが始まりますね!


当院もゴールデンウィーク中は普段とは違う不規則な診療になりますので、お知らせです。


4/29(日・祝) 休診

4/30(月・振休)採卵および指定患者さまのみ

5/ 1 (火)   午前・午後 診療あり

5/ 2 (水)   午前・午後 診療あり

5/ 3 (木・祝) 午前 診療あり、午後 休診

5/ 4 (金・祝) 休診

5/ 5 (土・祝) 午前 診療あり、午後 休診

5/ 6 (日)   休診



ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

不明な点がございましたら、スタッフへお尋ねください。





今年のゴールデンウィークはお天気も良さそうです。
楽しい休日となりますように。
Outing



共通テーマ:妊娠・出産

2人目不妊で病院を予約。治療はどんなペースで進むのですか? [”ジネコ”さん掲載記事の紹介]

どのくらいのスピードで、どのような治療を、いつまで行うのか。
ご夫婦がクリニックや医師の治療方針を納得したうえで治療していくためにも
治療計画は大切なことの一つです。今回は、年齢が若い方や、2人目不妊の方、
計画的に治療を進めたい方など・・・治療計画の立て方について考えます・・・。

2018.4.19.jpg

俵院長からアドバイス!

● 2人目不妊でも基本検査が必要
●年齢を考えて短期集中の治療を
●妊娠率の高い治療を視野に入れて


記事:2人目不妊で病院を予約。治療はどんなペースで進むのですか?


■ 関連ページ
 俵IVFクリニック-メインページ
 俵IVFクリニック-Q&Aページ







共通テーマ:妊娠・出産

漢方を使う健康法紹介:静岡新聞 [俵IVFクリニックの取り組み]

平成30年3月11日、
グランシップで「女性のための漢方セミナー」が開催されました。

静岡新聞社・静岡放送主催(後援:ツムラ)の漢方をテーマにした講演会で、
400人を超える女性が参加しました。

2018.4.15.jpg


当院の漢方外来担当の中山毅先生が講師を務めましたのでご報告です。

中山先生は、
「病気と診断される前の未病の段階で健康に戻すことが漢方の役割」として、
生理不順や更年期障害などの治療法を紹介しました。


また、会場に寄せられた質問には、

・漢方は安全か?
・妊娠と漢方の関係は?
・更年期と漢方は?
・毎日飲むのか?
・冷え症と漢方は?

など、多数の質問が寄せられ、
女性が漢方に対する興味が高いことが感じられました。

記事全文:漢方使う健康法紹介 駿河区で本社主催セミナー


■ 関連ページ
 俵IVFクリニック-メインページ
 俵IVFクリニック-メディア掲載・出演


共通テーマ:妊娠・出産

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とはどんな病気? [”ジネコ”さん掲載記事の紹介]

卵巣の中に小さな卵胞がたくさんできて、
ホルモン異常や排卵障害を引き起こすとされるPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)。
その原因や診断基準、治療法などについて俵院長が説明しています。

記事:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とはどんな病気?


2018.0411.jpg

卵子の基礎知識チェック!!!
◯ PCOSは体質改善で治ることがある
◯ PCOSはメタボリック症候群になりやすい
◯ PCOSの人は子宮体がんのリスクが高い
△ PCOSの人は卵子の質が悪い

■ 関連ページ
 俵IVFクリニック-メインページ
 俵IVFクリニック-Q&Aページ






共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療の初診について教えてください [”ジネコ”さん掲載記事の紹介]

■ ベビ待ちさん(主婦・31歳)からの投稿

病院デビューする決心をし、電話でどのタイミングで行ったらいいか聞いてみたところ、「生理2~4日目に来てください」と言われました。病院によって違うとは思いますが、生理中の初診はどんなことをして、また検査費用はどれくらいなのでしょうか。受診する覚悟を決めたとはいえ、今から不安と緊張でいっぱいです。少しでも心の準備をしておきたいので、よろしくお願いします!

2018.3.27.jpg


俵院長:当院の場合だと診察は予約制なので、どの時期に来ていただけるか特定できないんですね。チェックすべきポイントは、低温期、排卵期、高温期、それぞれの時期すべてにあります。初診の時期にできる検査から行いますから、それほどタイミングを心配されることはないと思いますよ・・・(続きは下記URLから

俵院長が質問に答えています。(URL


この記事は、2010.9.8 当時の記事です。

■ 関連ページ
 俵IVFクリニック-メインページ
 俵IVFクリニック-Q&Aページ






共通テーマ:妊娠・出産

もっと知ろう!若年性乳がんのこと [お知らせ]

乳がん市民公開講座
「もっと知ろう!若年性乳がんのこと」をキーワードに市民公開講座が開催されます。

女性と係わりが深い乳がんについての正しい知識を持つことは、とても有意義なこと。

当院は以前より、がん患者さんに ”妊孕性” (妊娠する力)を残す治療に力をいれており、
今回の講座には俵院長も登壇します。

事前申し込みが必要ですが、入場は無料なので、ぜひご参加ください。

●特別講演1
 乳がん治療後の妊娠に向けて - 妊よう性温存治療について -
 俵史子/俵IVFクリニック

●特別講演2
 おひとりさま乳がんの本音をさぐる - 誰を想って治療しますか? -
 塚越律子先生/伊勢崎市民病院

 こどもたちにどうやって伝えよう - 再発と言われて -
 石原純子先生/静岡がんセンター

●教育講演
 若年性乳がんの問題点 - 検診・診断・治療 -
 大澤浩一郎先生/沼津市民病院

●特別講演3
 遺伝性乳がん卵巣がん症候群ってどんな病気ですか? - ぜひ、ちょっと勉強して帰ってください -
 大谷彰一郎先生/広島市民病院

日時 2018年4月14日 13時30分~16時
場所 プラザヴェルデ コンベンションホールB
定員 250名(事前申込制)

●メールでお申し込み
 eisai-tobunyugan@hhc.eisai.co.jp
●FAXでのお申し込み
 054-254-0232


●関連事項
 俵IVFクリニック 妊孕性温存外来
 SOFNET
161119_2.jpg

 




共通テーマ:妊娠・出産
前の10件 | -