前の10件 | -

女性のヘルスケアアドバイザー [俵IVFクリニックの取り組み]

昨年から開催されていた「女性のヘルスケアアドバイザー養成プログラム」に
参加していた俵院長が、このたび全5回のカリキュラムを受講し、修了しました。

修了証が届いたので、ご報告です。


「女性のヘルスケアアドバイザー」修了証

このプログラムの目的は、
生涯を通じた女性の包括的なヘルスケアを実践し、
学校や企業での健康教育など積極的に啓発活動を展開できる産婦人科医を養成すること。


1年をかけて、約100名の産婦人科医の皆さんと一緒にヘルスケアについて学んできました。
講義は医療の領域にとどまらず、医療の現場に携わるだけでは得られない経験となりました。


学んだ経験を最大限にいかして、
思春期から更年期に渡る、すべての女性のさまざまな悩みに対して、
不妊治療に携わる医師として良きアドバイザーでいたいと思っています。




教授就任祝賀会 [俵IVFクリニックの日常]

 先日、東邦大学医学部産婦人科、片桐由起子先生の教授就任祝賀会が、
品川のグランドプリンスホテル高輪で行われ、俵院長がお招きを受け、
出席してまいりましたのでご報告させていただきます。 

片桐由起子先生 教授就任祝賀会

 今回、教授に就任された片桐先生とは平成27年に行われた、
座談会「女性医師によるARTへの関わりとメッセージ」にて、ご縁をいただきました。
それ以来、片桐先生の生殖医療の分野でご活躍と技術、仕事に対する姿勢に刺激をいただいております。
*当時の様子 俵IVFクリニックBLOG

片桐由起子先生 教授就任祝賀会

今回は、女性ではまだまだ数少ない教授就任。
婦人科、生殖医療分野の錚々たる方々によるお祝いの会でした。
おめでとうございました。

片桐由起子先生 教授就任祝賀会


音の持つ力 [俵IVFクリニックの日常]

好きな音楽を聴いてリラックスしたり、波の音や川のせせらぎを聴いて心を落ちつけたり、

音が癒やしの力を持っていることは、よく知られています。



古代ローマでは、音楽を「心の薬」として治療に使っていたそうです。

大きな笛のような楽器を患者の胸に当て、その上で楽器を演奏する。

心がある胸の部分に、直接音を届けて治療するという方法です。


しかしながら、音そのものに病気を治す直接的な治療効果はありません。


音楽療法とは、楽器を演奏したり、歌ったり、鑑賞することで癒やし効果をもたらし、

心や体の問題を改善させる方法なのです。


「病は気から」という言葉があるように、

リラックスできる音楽療法を併用することで本来の治療の効果を向上させ、

少しでも楽しく癒やされながら改善に向かうようにできるなんて、夢のような方法ですね。




さて当院では、そんな『音』のもたらす効果に注目し、このほど素敵なスピーカーを導入しました!



 グラスサウンドスピーカー

(↑こちらの写真はイメージです。)


スタイリッシュな見た目もさることながら、

透明感のある音色と、包み込むような温かい光で、リラックス空間を演出してくれます。



最初はただの省スペースなオシャレスピーカーとしか思ってなかったのですが、

実際に聴いてみると普通に音楽を聴くのとは違う、優しさを感じました。


このスピーカー、現在リカバリールームで活躍してくれています。

不安や緊張を和らげ、患者の皆さんが落ち着いて治療に臨めますように・‥…━━━☆

 

 

 160712-4.jpg

 

 

 




ラジオフォーラムしずおかマイトーク [俵IVFクリニックの取り組み]

先日、俵院長がSBSラジオの収録に行ってまいりましたのでご報告させていただきます。

番組は、ラジオフォーラムしずおかマイトークと言う番組で、

内容は…
「経済界やまちづくりなど、静岡県内の様々な分野で活躍する方にお話しをうかがうラジオフォーラムしずおかマイトーク」。番組は静岡経済懇話会、一般社団法人静岡県中部未来懇話会、サンフロント21懇話会、21世紀倶楽部の協力でお送りします。
…と言う内容で継続的に放送されている番組です。

ラジオフィーラムしずおかマイトーク

2016年7月17日 18時15分 ~30分まで放送予定です。
お時間がありましたら、是非ラジオを付けてお聴きください。



たまご講座 開催のお知らせ [鍼灸部門日記]


運動や食事による体質改善の話から、家でもできる実技もお伝えして好評を得た前回の「たまご講座」。

当日は満席のご応募をいただき、第二弾の開催日程が決まりましたので、お知らせです。

●2016年9月3日(土)15時~(1時間~1時間半程度を予定しています)

たまご講座『鍼灸師が伝える妊娠しやすい身体づくり 妊娠のためにあなたに絶対必要なこと』

 

鍼灸治療は、血流改善や筋緊張暖和、抗ストレス作用の効果があり、生理痛、足の冷え、便秘などの自律神経機能異常が原因となる症状にも有効です。

これらの鍼灸治療の効果が、妊娠・出産しやすい身体づくりにつながるのです。

「東洋医学的な妊娠・出産の捉え方って?」

「鍼灸治療がどのように身体を変えるの?」

「鍼灸治療には、どんな効果があるの?」など、疑問がある方に具体的にご説明いたします。

自宅でできるセルフケアの実演も予定しております。

参加は無料で、当院に通院していない方も参加可能なので、

ご夫婦や友人などお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

 



定員になり次第、予約受付を終了させていただきますので、お申込みはお早めに。




詳しくは当院ホームページのたまご講座」をご覧ください。


なお、内容は5月開催時と同様です。



俵IVFクリニック鍼灸室明生鍼灸院

講師 鈴木裕明


俵IVFクリニック明生鍼灸院院長


明治国際医療大学 非常勤講師




第10回たまご講座






施設訪問 [俵IVFクリニックの日常]

先日、俵院長と中山医師、中山培養部チーフにて、
生殖医療分野で最先端を行く、セントマザー産婦人科医院に施設訪問に行ってまりました。

セントマザー産婦人科医院の田中先生とは、俵院長の不妊治療の恩師にいただいたご縁に加えて、
俵院長が当番世話人を担当した第13回東海不妊内分泌研究会でもご尽力頂きました。


セントマザー産婦人科医院 施設訪問

今回の施設訪問では、施設や設備の見学、先生方の技術や治療にかける想いなど、
様々な事を教えていただきました。

本当にお忙しい中、当院の為に時間を割いていただきました。
田中先生をはじめ、こころよく迎え入れていただいた、スタッフの皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。

セントマザー医院

教えていただいた事を、患者さまに還元できるよう日々努力して参りたいと思います。


男女共同参画社会づくり [県・市の取り組み]

男女共同参画社会をご存知ですか?

あまり聞き馴染みのない言葉なので、ご存知ない方も多いと思います。
「男女が社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」のことです。

...少し難しいですね。

男女共同参画は英語で“Gender equality”、直訳すると「ジェンダーの平等」です。
つまり、「男性は仕事で女性は家庭」「女性は一歩下がって男性を立てるもの」などといった、
「男性らしさ」「女性らしさ」にとらわれず「 “あなたらしさ” を大切にしましょう」という考え方のことです。


静岡県では、
「誰もが個性を活かし能力を発揮できる理想郷“ふじのくに”づくり」を目標に掲げ、
男女共同参画社会づくりを進めています。


当院も、この取組に賛同し、取組内容を宣言しましたので、ご報告です。

●資格取得や研修会への参加の推奨や補助
●職員のワークライフバランス支援の充実
●院内環境の整備と改善

男女共同参画社会づくり宣言書

当院では、仕事と子育てを両立してもらえる職場環境づくりに取り組みます。
多くの職員が出産・育児のためのさまざまな支援制度を活用し、安心して働ける環境を目指しています。






《院内研修》森育子先生による心と身体を磨くイベント [俵IVFクリニックの日常]

5月26日にI.R.M. アカデミーの森育子先生をお招きし、院内研修を開始しました。


『心と身体を磨くイベント』と題した森先生のレッスンの様子をご紹介します。


第38回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座5


まずはストレッチ。

普段よりリラックスした気持ちになり、自然と笑顔が増えます。


森育子先生 心と身体を磨くイベントLesson4


手足の冷えと体が硬いのが悩みだったのに、始まってすぐに体が温まり、

終わる頃には少し柔らかくなったのを実感できたと話すスタッフも。


森育子先生 心と身体を磨くイベントLesson2


日頃使っていない筋肉や伸びていないところが分かって、運動能力の低下を改めて感じ...( ´ー`)

今後の健康維持のために考え直すいい機会になりました!


森育子先生 心と身体を磨くイベントLesson3

 

森先生の「身体を動かすことが心にも影響する」とのお話しを聞き、

 

運動やストレッチで心身ともにリフレッシュすることで、

緊張しやすい治療が続く患者の皆さまのストレス解消や気分転換にもつながるのではないかと感じました。


今回の院内研修を活かし、

いつも笑顔で接することで、患者の皆さまがリラックスして前向きな気持ちになれるように心掛け、

体質改善の指導にも提案していきたいと思います。


 


楽しく運動できて有意義な時間を過ごせたとスタッフからも大好評だった今回のイベント、

今後、また何か提案して案内ができればと思っています。

 

 

 





第65回全日本鍼灸学会学術大会 [鍼灸部門日記]

鍼灸師の長谷川です。
6月10〜12日に第65回全日本鍼灸学会学術大会が、北海道・札幌にて開催されました。

第65回全日本鍼灸学会学術大会


今大会のテーマは『これからの日本の医療を担う鍼灸 ~鍼灸治療と医療連携~』。
現代のさまざまな病気に立ち向かうには、西洋医学のみの医療体系だけでは不備があり、心身一如の考え方を持つ東洋医学・鍼灸が担う部分も大きなものがあります。
西洋と東洋の医学の共同作業には、一般医療機関との緊密な連携が不可欠です。
このような観点から、鍼灸の現状と未来について意見を出し合うべく、全国から鍼灸師が集まりました。

さまざまなフィールドで活躍する鍼灸師の方々と幅広い意見交換ができ、鍼灸の可能性を再認識できる機会になりました。

今回は鍼灸師として『不妊治療に対する鍼治療の検討 胚移植前後どちらに効果があるか?』を
発表してまいりましたので、ご報告させていただきます。

第65回全日本鍼灸学会学術大会 発表:長谷川


追伸。
札幌の街ではよさこい祭りが開催され、盛り上がっていました。
たくさんの活気を感じ、充実した日々になりました。

第65回全日本鍼灸学会学術大会 よさこい祭り

第38回 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 [鍼灸部門日記]

鍼灸師の長谷川です。

平成28年6月5日と5日に、日本不妊カウセリング学会主催の
第38回「不妊カウセラー・体外受精コーディネーター養成講座」が開催されました。

第38回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座

38回目を迎えた今回は、
「先輩不妊カウンセラー・体外受精コーディネーターに学ぶ」と題し、
不妊カウンセラー・体外受精コーディネーターを取得して、
各分野で働く専門家の現状を話す…という試みが行われ、

病院で働くカウンセラー、培養士外来で働く胚培養士、
、中医漢方相談薬局で働く薬剤師、鍼灸師、不妊相談センターで働くカウンセラーが講演しました。

今回は俵IVFクリニック鍼灸室明生鍼灸院で働く、
不妊カウンセラーの鍼灸師として講演して参りましたので、ご報告させていただきます。


第38回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座

第38回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座


前の10件 | -